ドアホンを上位機種へ取り換えたい…パナソニックなら意外とカンタン!

ドアホンを上位機種へ取り換えたい…パナソニックなら意外とカンタン!

新築時に「ドアホンまで熟考して選びました!」って人は少数ではなかろうか。

かく言う私もそうである。

そもそも、ドアホンをまったく利用していなかった人間としては、

「ドアホンなんてなくても良い、いっちゃん安いのつけといてー」

くらいのモノだった。

 

でも、いざ使ってみると・・・

こりゃー便利ですなー!!

 

そんなわけで、早々にドアホンを上位機種にアップグレードまでしてしまったのであった。

 

 

で、取り外したドアホンは、そのまま放置していた…

 

しかし、このたび実家のドアホンとして日の目を見ることとなったのでご紹介したい。

こちらが実家のドアホン(VL-SV20X)。

パナソニックのモニター付きドアホンのうち、最も下位機種と思われる。

すでに生産終了品。

レンズが広角でないため、インターフォンの前にいる人しか写らない。

画像が鮮明でなくモニターも小さいため顔が判別できない。

録画できない。

等々、上位機種と比べると役不足感が否めない。

 

とは言え、以前の「ドアホンなんて何でも良い」って思ってた時は、これでも十分だったな。

 

 

まずは、ドアホンを取り外す。

パナソニックのドアホン親機を壁に固定する金具は共通で、親機本体を上方向にスライドさせると外すことができる。

 

外れました。

 

接続されているのは、100V電源とカメラ玄関子機(以下、インターフォン)の配線のみ。

 

100V電源線は写真の四角い部分をマイナスドライバー等で押さえてロックを解除すれば、引き抜くことができる。

また、インターフォンにつながる線は、コネクター上部にある突起を押さえてロック解除し、引き抜く。

 

こちらが新たに取り付けるドアホン(VL-SWD303)

ドアホン本体はVL-MWD303、インターフォンはVL-V522Lという型番となっている。


パナソニック(Panasonic) カラーテレビドアホンPanasonic VL-SVD303KL

 

 

取り換え前の機種にはなかったセンサーや電子錠制御用のコネクターがある。

が、実家は電子錠ではないし、各種センサーとの連携もしないため、接続するのは後は電源とインターフォン配線のみ。

 

配線を取り外すときと逆の手順で接続する。

なお、教科書的なことを言うと、ブレーカーは落として作業しましょう。

ショートして大惨事になる可能性もあるので。

 

と言いながら、自分は…慎重に作業しました…σ(^_^;

なお、お決まりですが、この作業は電気工事士免許が必要です。

私は持ってます。

 

次にインターフォンの取り換え。

まず、カバーをエイヤ!っと引っぺがす。

ツメで固定されてるだけなので、カンタンに外れる。

 

次に、下部のネジ一ヶ所をとる。

↓こちらは新しいインターフォンだが、旧型も形状は同じだ。

 

で、インターフォンを引っ張れば、土台から取り外しできる。

 

新旧の土台を並べてみた。

ご覧の通り、同じ形状のため、あえて交換する必要はない。

 

まぁこの際なので、土台部分も交換。

あとは、新しいインターフォンを逆の手順で取り付け。

 

 

 

 

取付できました!

 

完成~!!

 

結論

同じパナソニック製のドアホンなら、取付金具や土台がそのまま使えるため、取り換え作業は比較的スムーズ。

あなたも是非!