タイルデッキ通路へのタイル貼り

タイルデッキ通路へのタイル貼り

ウッドデッキ前の通路に貼るタイルが到着した。

今回も、前回同様に運送業者が玄関先へ放置

しかも今回は箱も開いているやん!(゚Д゚#)コラー

 

タイルを貼るのは、タイルデッキの通路部分。

完成後に水平を念のために確認したところ、盛り上がっている箇所があることが判明している。

 

ある程度の凹凸は、タイルを貼る際に調整可能だが、今回はそれ許容範囲を超えている。

そこで、まずは、モルタルを高く盛りすぎた一部箇所を削ることとした。

水糸張るのを面倒くさがって、もっとメンドーなことになったなぁ(´Д`)

 

コンクリートカッターで切れ込みを入れて・・・

 

はつり機(電動ハンマ)で粉砕した。

 

結局、一部箇所はワイヤーメッシュが見えるくらいまで、粉砕。

モルタル削るのは本当に重労働。

ちゃんと水糸張ればよかったなぁ。

後悔先に立たず(*_*)

 

この失敗に懲りて、タイルを貼るにあたって水糸を引いた。

 

で、やっとタイル貼り。

この部分から貼り始める。

 

端のタイルの長さは不均一にし、乱張りで貼っていく。

貼り方は、タイルデッキの時と同じ要領だ。

 

貼り付けた後は小一時間ほど放置。

 

最後に、タイル表面の汚れをスポンジでとる。

 

タイル貼り付け自体は黙々と作業できるので、空いた時間にちょっとずつ進めた。

一方、タイルカットはグラインダーの大きな音がするので、近所迷惑などを考えて、ある程度まとめて一気に作業・・・

ってな具合に、結構時間かかってます。。。