テラス屋根の樋(とい)を雨水マスにつなげたい!

テラス屋根の樋(とい)を雨水マスにつなげたい!

最近雨が多くて気付いたことがある。

庭の水はけが悪い!

 

原因は色々考えられる。

そのなかでも第一級戦犯がこちら。

テラス屋根(ホームヤードルーフ)だ。

 

こいつには、雨樋(あまどい)の口が4つもある。

そして、そのすべてが雨水管に接続されておらず、雨のたびに庭へ雨水を大量供給しているのだ。

 

そこで、この状況を打開すべく、雨水マスへの接続工事を行うことにした。

 

接続に使うのは塩ビ管。

塩ビ管は大きく分けてVP管VU管がある

VP管ってのは、いわゆる「ザ・塩ビ管」だ。

常温だけど、圧がかかる水道管のような用途に用いられる。

1メガパスカルまで耐えられるそうだ。

雨水の排水にこれを使ったらダメってことはないが、次に示すVU管の方が安い。

VU管は、言わば「壁面の厚みを薄くしたVP管」である。

排水など、圧のかからない箇所に用いられる。

今回使用するのは、このVU管。

 

 

他にも 衝撃に強いHIVP管や、耐熱性のあるHT管などがある。


耐衝撃塩ビパイプ HI-VP管

耐熱塩ビパイプ HT-VP管

 

作業はまず、雨水マスまで塩ビ管を敷設するための溝を掘ることから開始。

実際に設置する深さよりも深めに掘る。

 

次に、雨水マスの側面に塩ビ管を突き刺すための穴を空ける。

穴の大きさは50mm。

使用する塩ビ管VU40の外径を測ると、約50mmであったためだ。

 

穴あけには木工用ホールソーを使用。

これ一つで様々な大きさの穴を開けられるので便利。

 

カンタンに穴が開きました。

 

で、この穴にOリングをつける。

VU40の塩ビ管を雨水マスと接続するために使用するOリングである。

なお、外径が同じVP40でも使用可能。

 

Oリングに溝が切ってあって雨水マスの穴にはめ込めるようになっている。

 

少々キツかったけど取り付けられました。

 

内側から見るとこんな感じ。

水面に浮いてるのは、雨水マスに穴を開けたときのカスである。

 

あとは、テラス屋根から出る雨どい雨水マスまで勾配をつけてVU40の塩ビ管を敷設する。

なお、雨どいの径とVU管の径とは合わないため、直接接続することは不可能。

仕方ないので、↓このような形で雨水を受けることにする。

 

なぜ、雨どいの塩ビ管は排水用のVU管と直接接続できる仕様でないか。

イマイチ謎だ。

ちなみに、ダイワハウスでは↓このような部品を使って接続している。

 

雨水マスへつなぐVU管には勾配をつける必要があるので、テラス屋根の基礎部分を少し削ることにする。

グラインダーで切れ目を入れる。

 

こんな感じ。

 

で、チゼル(たがね)を溝に入れて金づちでガンガンと叩き、モルタルを割る。

 

溝が完成。

 

こんな感じで排水管の接続ができた。

 

なお、塩ビパイプの接続は専用の接着剤を使用する。

 

この接着剤は、塩ビパイプ同士をを溶かして接着する融着タイプ。

10分もすればかなり強力に固着する。

やり直しがきかないので、エルボの角度などに注意する必要がある。

 

接続が完了したら、水を少し流して問題がないか確認。

で、埋め戻して完成。

 

もう一方の雨どいも同様に作業する。

 

基礎のモルタル表面を削って・・・

 

勾配をつけてVU管を設置。

 

こちらは、雨水マスとの接続部分にOリングを使用せず、コーキング材を使ってみた。

 

Oリングを使った場合は、VU管を斜めに接続することができないが、コーキング材を使うこの方法であれば、VU管を角度をつけて雨水マスと接続することができる。

 

ってことで完成!

これで様子を見つつ、将来的には、あと2つ雨どいも雨水マスと接続したいと考えてます。