フィニッシュネイラーは使うとクセになる便利さ!でも危険だよ・・・

フィニッシュネイラーは使うとクセになる便利さ!でも危険だよ・・・

ネイルと聞いて何を思い浮かべるだろうか。

自分は「フィニッシュネイル」と聞いて、「爪仕上げ?なんじゃそりゃ」 と思った。

 

ネイルって「爪」っていう意味しか知らなかったけど、「釘」って意味もあったのね。

綴りは同じnail

「うまくやってのける」という動詞の意味もあるそうだ(ちょいスラング)。

 

で、本題。

フィニッシュネイルとは、↓こんなブツである。

単体で見ると、ただの針金の切れ端みたい細い。

細いから、打ち込んでも目立たず、スッキリした仕上がりにできる優れモノなのである。

また、ネイルの頭部分が着色されているタイプも打っていて、さらに目立ちにくくもできる。

 

 

このフィニッシュネイルを打ち込む機械をフィニッシュネイラーと呼ぶ。

 

自分が愛用しているのは、パオック(PAOCK)という会社のネイラー。

近くのホームセンターで、何も考えずに購入した。

早い話が、安売りされているのを買ったのである。

 

今調べたところによると、パオックって新潟県三条市の会社らしい。

外国の会社かと思い込んでたので、ちょっとビックリ。

 

このネイラーに、大きな不満点はない。

安いし安全装置付き!

DIYレベルだと、これで十分である。

 

安全装置ってのは、打ち込む箇所に当てないとネイルが発射されない装置。

付いていて当たり前!かと思いきや、付いていないものも多々ある。

これがないと、トリガー引いたら無条件に発射されるので、なかなか危ないデス。

 

打ち込み深さの調整ダイヤルもある。

初めから程良い設定になっていたので触ったことはないけど。

 

ひとつ残念ポイントを挙げるのであれば、短いネイル(15mm)が使えないこと。

イナバガレージの「なんちゃって柱」を作るときなど、時々短いネイルを使いたいシーンがある。

その場合は、15㎜のネイルを無理やりセットして打っていた。

15㎜でも、セット後の1,2発は打てるのである。

ただし、すぐに空打ち(ネイルが出ない)となるので、再セットをする必要がある。

 

ちなみに、アマゾンの商品説明には15~50mmとなっているが、嘘だ。

↓パッケージは30~となっている。

 

 

とっても便利なフィニッシュネイルだが、趣味レベルで持っている人は意外と少ない印象である。

その理由は恐らく導入する敷居が高いせいではなかろうか。

というのも、動力源は圧縮空気なので、コンプレッサーが必要だ。

 

DIY初心者の自分にとっては、このコンプレッサー購入時の心理的ハードルが高かった

圧縮空気って危なそうだし、どう使えば良いのかイマイチわかりにくいし、チョット買ってみるかって値段でもないし。。。

 

結局、別目的でコンプレッサーを購入したので、ついでに「フィニッシュネイラーも」と、購入した。

 

なお、コンプレッサーが不要な電動タイプ(バッテリー電源)のフィニッシュネイラーもある

が、高い

 

 

 

フィニッシュネイルに似た機器にピンネイルってのがある。

こちらは、その名の通りピンを打ちつけるもので、さらに打ち込み跡が目立たない。

ただし、保持力が弱いため、仮打ち用途、接着剤の併用が必須である。

 

さらに、エアタッカーなるものもある。

こちらは言ってみればホッチキスの針を打ち付けるような道具だ。

 

 

これら圧縮空気で打ち込む工具は、トリガーを握ると、

「バシュッ!」

という耳障りの良い音とともに、心地よい反動があって、気持ちよく仕上がる

これがとても楽しく、ついつい、たくさん打ってしまう。

 

ただし、危険な工具なので、万一のことを考えて保護メガネを着用し、慎重な作業を心掛けよう!

実はワタクシ、フィニッシュネイルで人差し指を貫通させてます(;・∀・)

刺さり処が良かった?のか、意外とそこまで痛くなかったけど、テキトーに扱うと、ホンマに怖い道具です。