“スタイルコートに憧れてイナバガレージを改造する⑥~サッシの防水処理編~

“スタイルコートに憧れてイナバガレージを改造する⑥~サッシの防水処理編~

掃き出し窓の設置は無事終了した。

次はサッシの防水処理を行う。

使用するのはその名も「防水テープ」


建築用ブチルゴム系防水テープ 片面粘着 幅50mm×長20m 

 

ブチル系のテープで、貼ってからしばらく期間が経つとベットベトになって密着性が高まるようだ。

その結果、サッシの隙間からの雨水の浸入を防いでくれるというブツである。

 

 

この防水テープ、テキトーに貼ったらいいもんではなく、貼る順序があるそうだ。

なぜ知っているのか!?

それは、「防水テープ サッシ」で検索したら、「あなたのお家で、こんな施工されてたら施工ミスだよ!」って教えてくれるサイトがいくつも出てきたから(^_^;)

 

手順①

まず最初に最下部を貼る。

ちなみに、不良施工事例に該当するのかは不明だが、防水という観点から継ぎ足し貼りは避けた方がよさそうだ。

 

手順②

両サイドを貼る。

 

シールの内部に雨水が入っていかないようにするため、①で貼った最下部の防水テープの上から重ねて貼るのがポイントである。

 

手順③

最後に上部を貼る。

この時も②同様に両サイドの防水テープよりも上に重ね貼りする。

 

以上である。

施工ミスが散見されるような作業とは思えないが、テキトーな作業員もいるってことなのかな(´・ω・`)

 

当たり前だが、この状態ではスタイルコートのようなスタイリッシュさはない。

現在、この後の作業内容を検討中。

壁面パネルをつける等、何らかの形でスタイリッシュな壁面にしようと画策しているところである。

とりあえず機能的にはこの状態でも問題ないので、構想が固まるまで、イナバガレージの作業は一旦、休工デス。

次はやりかけのタイルテラスDIYに挑戦せねば!