石膏ボードの切り方は?カッターなのか丸ノコなのか

石膏ボードの切り方は?カッターなのか丸ノコなのか

石膏ボードは横向きに設置するのが正しいそうだ。

理由はよくわからないが、そういうことを誰かがブログか何かで言っていた(かなり不明確)。

恐らくは10Kg以上もあるその荷重を均一的に下方向へ逃すためだろう、私はそう理解し、満足している。

 

 

ガレージの壁に施工したのは、一般的な3×6板(さぶろくばん)と呼ばれる石膏ボード。

当然、すべてがピッタリ設置出来るわけでなく、切り詰め等の加工が必要な箇所がある。

 

で、悩ましいのが石膏ボードの切断方法である。

方法はいくつかあるが、ネット検索するとメジャーなのはカッターか丸ノコを使う方法である。

なかでも多数を占めるのはカッター派で、プロもカッターを使用しているという情報も。

そうなの!?

 

ダイワハウスの大工さんは丸ノコを使っていたので、プロも色々なのかもしれない。

 

カッターで切断する最大のメリットは、粉塵が出ない点である。

 

また、丸ノコと違って安価だし、安全なのも魅力。

まず、鉛筆などで切断するラインをひく。
墨つぼを使うと比較的楽に直線が引ける。

墨つぼ

 

とは言え、この直線を引くのが一番面倒だったりする(^_^;)

 

線さえ引けば、あとはその線に沿ってカッターで切れ込みを入れる。

最初は軽く、2回目はやや強く、3回目は強く、てな具合で数回切れ込みをいれて・・・

バキッと折れば意図も簡単に折れる。

ただし、切断面はガタガタなので平らにするには研磨処理が必要。

 

 

一方、丸ノコの場合は、丸ノコ定規を使えば、格段に早く正確に切れる。

そして切断面の処理も必要ない。

ただし、細かい粉塵がまき散らされるため、防塵マスクが必須である。

という事で、一長一短あるが、直線的に切るのなら自分は丸ノコ派かなぁ。