インナーガレージ風イナバガレージに向けて壁紙DIY そのキモは下地にあり!?

インナーガレージ風イナバガレージに向けて壁紙DIY そのキモは下地にあり!?

とりあえず壁紙選びは済んだ。

しかし、壁紙を貼る前にやるべきことがある。

下地の平滑化だ。

 

下処理は地味な作業なので、イマイチ気が進まない。

しかし、何事もそうだが下処理は重要だ。

完成時の出来を左右する。

と、偉そうに言ってみるが、結局手を抜いて、不満の残る結果となったことを先に申し上げておこう(;^ω^)

 

凹凸をなくすのに使うのはこれ。

ワイドスーパー。

水と混ぜて使うパテである。


パテワイドスーパー60 600g

 

まずは、このワイドスーパーに水を加えて練る。

ネットで練り方を検索すると「もんじゃ焼きを作る要領」と紹介されていた。

なるほど。

 

板の上にワイドスーパーを適量盛り、少し平たくして土手を作り、、、という具合で練ってみた。

が、もんじゃ焼きをあまり食べていない関西系の人間だからであろうか、なかなかスムーズにできない。

土手は崩壊するし、腕はつってくるしで、とても苦痛な作業だ。

 

数回繰り返した後、我慢の限界が来た(はやっ)。

他の混ぜ方はないのか!

しばし思案した後、ふと思った。

普通にカップに入れて混ぜたら良いのではないか。

 

ということで、ヨーグルトの空き容器のなかにワイドスーパーと水をぶち込み、割りばしでグリグリと混ぜてみた。

 

なかばヤケクソ感があったのは否めないのだが、、、

意外とうまくできました!

 

あとは、40㎝四方程度に切った板の上に、練ったパテを出して、コテで塗っていく。

 

コーススレッドを打ち込んだ箇所。

 

塗り塗り。

最終的には極力凹凸がないようにヤスリがけするので、パテはやや広めに塗っておく。

 

また、石膏ボードの継ぎ目には、ファイバーテープなるものを貼ってからパテを塗る。

 

ファイバーテープとは、粘着力のあるグラスファイバーでできたメッシュ状のテープのこと。

継ぎ目や大きな亀裂箇所をパテだけでつなぎ止めようとすると、将来的にどうしても「ヒビ割れ」が発生する。

これを防ぐのが、ファイバーテープ。

こいつを貼ってからパテを塗るという流れである。

 

ファイバーテープを貼ってパテを塗る・・・この作業をひたすら続ける。

塗り塗り。

 

塗り塗り塗り塗り。

 

 

塗りヌリぬり・・・

てなことで、パテ塗りは終了。

次回はヤスリがけを行う。。。