イナバガレージ インナーガレージ化 改造 壁紙をDIY!

イナバガレージ インナーガレージ化 改造 壁紙をDIY!

イナバガレージもだいぶ作業が進み、それっぽくなってきた。

しかし、この後の作業に、私は非常に大きな不安を感じている。

その作業とは、、、

そう!壁紙貼りだ。

ワタクシ、この手の作業に強烈な苦手意識があるんデス。

 

この苦手意識が芽生えたきっかけ、それは10年以上前にさかのぼる。

私は、車のガラスにプライバシーフィルムを貼りたいという願望に駆り立てられていた。

車内から外は見えるが、車外からは内が見えにくくなる、あのフィルムだ。

 

 

カーショップに依頼する金が惜しいので、施行は自分ですることにしたのだが、、、

これが超難しい!

どうしてもフィルム内に気泡が入ってしまう。

カット済フィルムを使ってもダメ、ドライヤーを使っても張り付けるもダメ、何度やってもダメ、

ってことで、これ以来、気泡が入らないようシートやフィルムを貼り付ける作業に対し、強い苦手意識を持っている。

 

壁紙貼りは、まさにこの手の作業であり、できれば避けたい。

そんな想いから、壁紙を使わずに、ローコストでかつ美しい仕上がりとなるような案を長らく考え続けていた。

が、ついに妙案は浮かばず。。

 

かくして、壁紙に挑戦せざるを得ない状況となったのであった。

 

壁紙のDIYについては、ネット上に情報が豊富である。

いろいろなホームページやブログで研究した結果、極力失敗を避けるためにとった戦術は以下の通り。

 

方針① 柄モノは選ばない

柄モノはシワなどが目立たないので初心者向きかと一瞬思ったが、全く逆。

継ぎ目をピッタリ合わせる必要があるため、無地よりも難易度が格段に高いので避ける。

 

方針② 輸入物モノは避ける

海外のモノが良いとか悪いとか、一律には言えないのだろうけど、日本製の安い壁紙が一番貼りやすいらしい。。

そもそも、コストも時間もかかる輸入物に初心者が挑むのは無謀なので、挑戦するにしてもスキルがアップしてからかな。

 

方針③ シールタイプの壁紙は避ける

百均などで、シールタイプの壁紙様のものが売られている。

のり付け不要なので初心者向けかと思いきや、やり直しができないため、難易度が高い。

綺麗にはがす事ができる壁紙も売られているようだが、結局はコストが高いので却下。

 

以上、これらの方針の下、選んだ壁紙は以下のとおり。

 

 

ガレージ側面の壁紙: 量販されている白っぽい壁紙

せっかくなので、奇抜な色とかで遊んでみたい気もしたが、コスト優先かつ無難な白っぽい壁紙をチョイス。

白い壁紙ならホームセンターでも売られているが、デザインにこだわりなく、コスト優先なのであればネットショップの方が安かったりする。

ヤフオクなどで探すとさらに安い。

最初は失敗する可能性が極めて高いだろうと弱気になっていたので、とにかく安く入手できる壁紙にした。

 

 

入口正面(ガレージ奥)の壁紙: プロジェクター投影用壁紙

ガレージ奥に向かってプロジェクターを投影する予定である。

せっかく広い壁があるので、最大限の大きさで投影したいと考えると、だいたい150~180インチのスクリーンがいる。

しかし、その大きさのスクリーンとなると、だいぶ高い。

そこで、壁に直接投影する方式にしたいと考えている。

白っぽい壁紙ならば、概ね問題なく投影できるのだが、せっかくなのでプロジェクター投影用壁紙を使うことにした。

スクリーンを買うことを思うと、かなり安い。

 

 

その他、いろいろ試してみたい壁紙もあるのだが、とにかく最初は失敗する可能性が高いので、欲張らずに上記2種類のみとした。

 

ところで、ネットショップで壁紙を購入する場合、あらかじめ壁紙の裏面に「のり」をつけてもらえるサービスがある。

これは壁紙初心者にとっては心強いサービスで、ネットのDIY先人者達の多くがこのサービスを利用している。

壁紙DIYに超苦手意識のある人間としては、当然利用すべきサービスだろう。

最初は、そう思った。

 

が、いざ注文する段階になって、ケチの血が騒ぎ始めた。

 

「のり付き」にするとそれなりのコストアップとなるし、商品到着後は、のりが乾燥する前に施工しなければならないため、基本的に余った分は廃棄になってしまう。

そんなの、もったいない!

ということで、気付けば「のりなし」を注文していた(;^ω^)

 

果たしてうまくいくのか!?

続く。。