ダウンライト配線完了!気分はインナーガレージ

ダウンライト配線完了!気分はインナーガレージ

天井に化粧合板を張り終え、ダウンライトの設置もようやく完了した。

あとは配線工事をするだけである。

これまでは暗くなったら投光器の明かりを頼りに作業していたが、そんな日々も終わる。

↓かつての作業風景。夜は梁に仮止めした投光器の明かりを頼りに作業していた。

 

配線工事には、配線図の作成が必要だ。

配線図をちゃんと作らずに、作業に着手するとミスを誘発する要因となる。

偉そうに言っているけど、ワタクシ、配線図なしで作業してました。
そして、配線ミスしました(^_^;)

接地側と非接地側を間違えるという凡ミスデス。。。

ということで、途中からは配線図を作って作業することにした。。。

 

配線図さえできてしまえば、「ケーブルをむく→被覆線をむく→穴に突っ込む」という作業を黙々と行うだけなので楽なもんである。

一昔前はリングスリーブという圧着端子で電線同士を接続していたようだか、今は差し込みコネクタという便利なモノがあって、文字通り電線を差し込むだけで電線の接続ができるのだ。

 

配線作業はすんなり終了。

照明は6回路に分けている。

シーンに合わせて照明を使い分けれるようにした結果である。

しかし、ガレージの照明回路をこれほど細分化する必要性があったのだろうか。

いや、ないだろう(笑)

とは言え、回路を統合するのはカンタンだが、分岐するのは容易ではないので、将来的なことも考えて一応分けることにしたのであった。

 

 

スイッチはパナソニックのコスモワイド。

新築時に家に設置されていて、その後、神保電器のスイッチに替えたことで不要となったブツだ

でも、やっぱりどうしてもこのデザインが好きになれない。。。

とりあえずパネルすらつけずに暫定的に使っているが、スイッチが多いと、どのスイッチが何なのかすでにわからない。

 

 

上の段(3×2列)がダウンライト6回路、下はガレージ外灯と換気扇のコンセントである。

あーわかりにくい。

そのうちライコンを導入したいと目論んでいる。

そんな想いもあって、今のスイッチは仮設置なのである。

 

配線は完了したが、ここでいきなり通電するのはさすがに怖い。

そこで、テスターで通電前の短絡チェックを実施。

 

幸いにも短絡(ショート)はしておらず、ちゃんと配線できているようだ。

自信はなかったけど安心したヾ(゜ε゜ )ォィォィ

いざ点灯!!

おお!!
明かりがつくとガレージに命が宿ったようだ(^O^)

そしてこの白い天井が良いじゃないですかぁ~ ←渡辺篤史の口調(「渡辺篤史の建もの探訪」を知らない人は無視してください)

 

なお、ダウンライトの色は写真で見ると「昼白色」のようだけど、「電球色」です。

プロジェクターも取り付けてみました。

 

天吊り金具は安モノで見た目はイマイチだけど、ガレージにはこの程度の方が良いのかもしれない。

 

そのうち超短焦点のプロジェクターに代えたいなぁ~