イナバガレージの内天井カスタム(天井材の選択)

イナバガレージの内天井カスタム(天井材の選択)

なんとか、"なんちゃって"梁(はり)は完成した。

次は梁と梁の間の天井部分の作成に着手する。

 

ここの部材選択は相当迷った。

まず最初に浮かんだのは、壁と同じく石膏ボードを貼る案

洋間の天井はダイワハウスをはじめ、多くのハウスメーカーが9.5mmの石膏ボードを使用している。

 

しかし、石膏ボードは非常に重いため、万一落下でもしたら大けがの危険性がある。

また、イナバガレージ自体にあまり負荷をかけたくないので、できるだけ軽い素材を使いたい。

イナバは大勢のおっさんが乗った写真で「100人乗っても大丈夫!」と宣伝しているくらいなので、一人60Kgと考えても6tくらいの重さには耐えられると思われるが、軽い方が構造躯体に良いのは間違いないだろう。

ということで、石膏ボード案は却下

 

同様に、天井材としてよく使われるジプトーンも却下

 

ジプトーンには軽量タイプもあるにはある。

 

が、やはりそれなりに重いし、そもそも、あの謎の模様(トラバーチンと言うらしい)がダサい(個人的見解)。

ネット上では塗りつぶすDIY事例が散見されるが、そんなことをしたら、さらに重たくなりそうである。

 

他にも、いろいろな天井材はあるものの、重かったり、値段が高かったり・・・

てなことを考えていると、結局は合板しか選択肢がないのであった。

 

ただし、合板そのままを施工するのは、あまりに貧相だ。

また、DIY派に人気のOSB材は個人的に好みでない(ワガママ)。

 

木目調のプリント合板にしようと思い、いろいろとホームセンターを回って物色した結果、結局、選んだのは壁紙が貼ってある風の化粧合板。

910×1820mmサイズのものを24枚購入。

1枚1,500円程と、普通の合板(3mm厚)の倍くらいする。

合板へ壁紙を直接貼る方法もあるが、アクを抜く下地処理が必要らしく、その手間を考えれば化粧合板を買ったほうが良いという判断だ。

 

一枚あたりの重量は2.5Kg。

石膏ボードやジプトーンと比べれば、さして重くない。

とは言え、複数枚だとそれなりに重い。

10枚ずつ1梱包にまとめられているのだが、持ち上げて運ぶとき、足の上に落として断末魔の痛みに襲われたわ(*_*;

ちなみに裏面は普通の合板である。

 

次回は天板を固定する下地の軽天材を設置する。