イナバガレージの“なんちゃって”な柱や梁(はり)を本物っぽくしたい(ニス塗り編)

イナバガレージの“なんちゃって”な柱や梁(はり)を本物っぽくしたい(ニス塗り編)

前回で辛い「ヤスリがけ」が終わった。

終わりにした、という表現の方が適切かもしれない(;^ω^)

 

ヤスリがけにより発生した粉を、固く絞った濡れ雑巾でふき取る。

汚れを取ると、木の素朴な色合いとなった。

塗装しなくても良い感じだ。

むしろ、ニスを塗って隠れてしまうのは、もったいない気もする。

 

しかし、段差を隠すためにパテを使いまくっているせいで、細部を見ると貧相。

このままだと美しくない。

 

パテを目立たせないようにパテに木の粉を混ぜ、色合いを合わせるというテクニックがあるらしい。

だが、面倒だし、スキルが要りそうなのでやらなかった。

ニスを塗ることでパテを誤魔化す方が楽で早い。だろう。

これが新たな苦難の始まりであった。。。

 

まずニス選び。

油性か水性かを選ぶのだが、それぞれ一長一短がある。
イメージは以下のとおりである。

メリット デメリット
水性 水でうすめられる&洗えるので取り扱いが楽

いわゆるニス臭さがない

耐久性が油性に劣る
油性 耐久性が高い うすめ液でうすめる必要あり

ハケなどの後処理は洗浄液が必要

とにかく臭い

 

要は耐久性が求められるなら油性、そうでないなら水性と判断すれば良いようだ。

 

今回については、天井部分は耐久性は求められないので水性で良い。

一方、柱部分は耐久性のある油性が好ましい。

しかし、部分によって異なるニスを使い分けて統一感が損なわれるのは嫌だ。。。

ってな葛藤の結果、すべて油性を使うことにした。

 

後から知ったが、水性のニスでもウレタンニスは耐久性が高いとか何とか。

水性にすればよかったなぁ。

 

というのも、油性ニスはとにかく「臭い」が強烈

無防備に扱うと頭が痛くなるし、そもそも体に悪そう。

防毒マスクを装着し、作業を行ったが、臭いは塗った後、二週間は残った。

 

選んだニスはこれ。

 

色は「新ウォルナット」。

新ウォルナットがあるなら旧もあるのか謎だが、とにかくパテを隠すのが目的なので、濃い色を選んだ。

 

経験のある方ならご存知のとおり、ニス塗りはそんなカンタンではない。

ヤスリがけが不十分な箇所にはニスが乗りにくい。

そして、つけすぎると垂れる。

さらにムラができる、ハケの毛が抜けてニスに埋没する、と次々トラブルが。。。

 

こんなことなら、ニスなんて塗らなきゃよかった。。。と思ったり(;^ω^)

ニス塗りのコツは、ズバリ「欲張らない」ことのようだ。
欲張ってハケにニスを含ませすぎない。
欲張って厚塗りをしない。
早く作業を終わらせようと、乾燥前に重ね塗りしない。

これを守れば、ある程度の完成度となる(と推察される)。

かく言う自分は守れずに悔いの残る箇所かいくつか。。。

遠目からしか見ないので良いんです!

 

ちなみに、最初はホームセンターのなかで一番安い100円のハケを使用していた。

このハケ、使用前に抜け毛を除去するのだが、塗っている最中に次から次へと抜ける。

 

毛が抜けるというのは、これほどまでに鬱陶しく、悲しく、腹立たしいものなのか!

誰かが「毛の悩みは海より深い」と言ったが、その気持ちがわかった気がした。

またムラも出やすい(これは技量の問題か)。

 

そんな抜け毛&ムラ問題に悩んで、「ニスの塗り方 コツ」などでネット検索していたら、、、

偶然、コテバケ(コテハケ)の存在を知った。

 

コテバケとは読んで字のごとし、コテタイプのハケだ。

下地がスポンジでニスの保持力が高く、垂れにくい。

また、毛が短く細いため、抜けにくく、もし抜けても目立たない。

さらに、一度に塗れる面積が広いため、ムラになりにくい。

 

ひとつ500円程度と普通のハケに比べると高額だが、スバラシイ道具である。
初めっからこれを使っていればよかった!

広い面のニス塗りにチャレンジする人は迷わずコテバケを使うべし!

 

ニス塗りは合計3回ほど重ね塗りした。

1回目はハケ塗り。

 

2回目以降はコテバケで塗り塗り。

 

缶には「2回塗り」と書いてあるが、2回では少ないと思う。

いや、塗り方が悪いだけか(^^;)

 

古材を思わせるような仕上げにするなら、これもアリかなぁ。

とも思ったが、あと1回(部分的には2回)塗り重ねた。

 

 

柱など、一部は組み立てる前にニス塗り。

 

置いた木材へのニス塗りの方が、天井梁よりも格段に楽。

 

ちなみに重ね塗りする前にヤスリがけをすることで、光沢を出すことができる。

 

ガレージの梁に光沢はいらないと思うのだが、液ダレやムラを修正するため、ヤスリがけしたら黒光りする梁になった。