スチールガレージを発泡ウレタン断熱仕様に!イナバガレージDIY

スチールガレージを発泡ウレタン断熱仕様に!イナバガレージDIY

スチールガレージは夏熱く、冬寒い。

そして結露がすごい!という声が多い。

ご存じのとおり、結露は暖かい空気が冷たい壁などで冷やされて起こる

 

うちのガレージでは、まだ結露しているところを見たことがないが、鉄板一枚で内外を隔てているという構造上、冬場に内部が暖かくなれば結露は避けて通れない現象と思われる。

結露を防ぐには暖かい空気が急激に冷やされないよう、断熱性のあるもので外気と内気を隔てる必要がある。

 

ということで、ネット上では、スチールガレージに断熱処理を施す先人たちの事例をいくつか見ることができる。

皆さん、色々と工夫されていて参考になる。

大体の方が使っているのはスタイロフォームという高密度な発泡スチロールの様な断熱材だ。

 

自分も先人にならい、スタイロフォームを購入。

と言ってもひとつだけ。

で、柱の土台として使った角材と壁との隙間に押し込んでみた。

 

良い感じである。

次は壁部分…

のつもりだったのだが・・・

事前の下調べ段階で「スチールガレージは結露との闘い」という偏った思想が芽生えていた私は、
「スタイロフォームとガレージ壁を密着させることは不可能、ということはその間に結露が生じるのでは!?
と、疑心暗鬼になってしまった。

 

そこで思いつきました。

発泡ウレタンを壁に直接吹き付けよう、と。

発泡ウレタンは、ローコストハウスメーカーや工務店とかが採用していることのある断熱材である。

 

グラスウール(大手ハウスメーカーが採用している断熱材)よりも「発泡ウレタンは断熱効果が高い!」と宣伝していることも多い。

まぁ、発泡ウレタンがグラスウールよりも断熱材として優れているのかどうか、それは正直わからない。

しかし確実に言えるのは、スチールガレージの壁とウレタンが密着するので、結露対策として用いるにはうってつけなのである

 

さっそく、ウレタンをネット検索。

いろいろな種類の発泡ウレタンフォームが販売されていたのだが、深く考えず購入。


Amazon 楽天市場 Yahoo!

 

これを壁に吹き付ける算段だ。

説明が気を読むと、どうやら一回で使いきりらしい。

 

ウレタン断熱をネット検索するとでてくる画像、すなわち「トリガーを引いたら勢いよく壁にウレタンが吹き付けられ、壁がモコモコになる感じ」をイメージしながら、トリガーを引いた!

のだが・・・

結果は、まったくイメージと異なっていた。

確かに「モコモコモコ」っとウレタンが出るのだが、まったく勢いがない!

吹き付けのような施工ができないのである。

 

いくつかの種類のウレタンフォームを試すが、量の違いはあれど、どの種類もモコモコと勢いがない。

もっとブシャーっと出るイメージだったのだが…

 

そう、そもそも商品名が「発泡ウレタンスプレー」ではなく、「発泡ウレタンフォーム」であることからもわかるように、吹き付け施工ができるような代物ではなかったのだ。

 

モコモコ出てくるウレタン樹脂は恐ろしく粘着性が高いものの、一部を壁に残して大部分が自重で下に落ちてしまう。

一生懸命壁に擦り付けてみるも、ほとんど下に落ちてしまった。

半ば、やけくそ気味で一缶を使用した惨憺たる結果がこちら↓

 

一缶で2000円以上するのに、これではラチがあかない。

早々にスプレー缶タイプに見切りをつけ、プロが使う2液ウレタンを購入することとした。

2液ウレタンは褐色の体に悪そうな匂いのするA液と乳白色のB液を混ぜることで発泡、硬化するウレタンである。

温度管理や取り扱いが面倒かつ高価だが、吐出直後は液体状なので、吹き付け施工が可能。

1液ウレタン(スプレー缶タイプ)よりも速やかに硬化し、少し固めのウレタンが出来上がる。

 

ABC商会から販売されているものを思い切って購入。

高い。

Amazon  楽天市場  Yahoo!

なお、後述するが、ヤフオクなどで販売されている大きく消費期限の切れたブツは多大な損害を生じる危険がある。

ヤフオク等で買うにしても、消費期限内の新品を買うのが吉である。

主なサイズは#30、#120、#180であるが、#30は天井吹き付け不可となっている。

恐らく、#30は圧が低いのであろう。

 

施工の最適温度は 25℃~35℃とのことなので、気温が低いときには湯銭をしてあたためる。

さらに良く振ってから使用しなければならない。

#120、#180はボンベ自体が大きく重いため、結構な重労働だ。

 

ウレタンを吹き付けるガンの先端部分で2液が混合される構造になっている。

この2液混合タイプのウレタンは、1液タイプと違って硬化時間が極めて短い。

よって、作業中に10分でも中断すると、先端内部でウレタンが硬化してしまい、使えなくなる。

なので、中断後に再開する場合は、先端部分の交換を行う必要がある。

 

交換用の先端部分はたくさん付属しているので、しょっちゅう作業を中断しない限り使いきることはないだろう。

先端部分の接合部が固着しないようにするためのグリスも付属している。

 

先端部分の形状は充填用吹き付け用の2種類がある。

切れ目の入った青色の先端の方が吹き付け用。

充填用の緑の方でも吹き付けできなくはないが、一度に吹き付けられる面積が狭くなる。