イナバガレージ組み立てはプロにお願い

イナバガレージ組み立てはプロにお願い

我が家はイナバガレージ(ガレーディア)の3631・52hという間口が3.6mと3.1mの2連で奥行きが5.2m、天井が高いタイプを購入した。

組み立てはプロに依頼。

自分でもできそうな気がしたが、さすがにビビってしまったのである。

 

庭の雨水桝の設置終了後、ガレージ設置作業開始。

 

まず、水糸が張られ、基礎ブロックが施工される。

 

こういう作業は、素人でもやれなくはなさそうだが、外構屋さんに頼んだ方が数段早く確実(当たり前か)

 

ガレージ内に電源を引き込んでもらうようお願いをしたので、配線用の管が地中に敷設されていた。

ガレージ完成後、クーラーを設置するため、自分で新たに電源を引き込んだので、今から思えば自分で施工したほうがお得だったな。

 

ガレージ後ろ側はスペースを開けても仕方ないので、際々まで寄せている。

 

ということでここまで2日で完成。

 

基礎ブロック施工の翌日、一日でここまで完成していた。

さすがプロ!早い。

 

屋根部分は完成。

シャッターも既に装着されている。

 

壁は最小限が設置されているといった感じ。

 

中央奥の柱はヒョロこくて心細くなる。

ゆくゆくは天井もつけたいと思っているが、石膏ボードのような重さのあるものはやめておこう。

 

柱の根元部分。

ここはコンクリートで埋められるため、この日で見納め。

 

柱の根本ってこうなってるのね。

 

奥側は、隣のフェンスギリギリまで寄せている。

砂利の部分は雑草が生えたら抜くのが困難なため、後日コンクリートで埋めてもらった。

 

オプションの扉や窓は付けなかったので、完成引き渡しの際はすべて壁に覆われている予定。

そのうち自分で窓や扉を付けたいと考えているが、この時点での開口部分につければ強度的にはクリアできそうである。

 

こちらは土間コンクリートを張る前

 

屋外コンセントから、ガレージ内へ電源を引き込んでもらった。

 

ガレージ内の水はけをよくするため、土間コンクリートは1度ほどの勾配がつけられたのだが、冷静に考えればガレージ内に水が溜まるような使用方法は想定されないので、フラットにすべきであった。

奥へ行くにしたがって、天井は低く、地面は高くなるので狭い印象を持ってしまう。

土間コンはやり直しが困難なので、考えれば考えるほど後悔してきた。

失敗したな~。

 

ということで、ガレージ完成!

 

 

背面はお隣の境界ギリギリまで寄せてもらっている。

 

前面はカーポートとつながるイメージだったが、隙間がある。

カーポートが完成するまで、こんな仕様になるとは知らなかった。

悲しい・・・

どうせ隙間が空くなら、もっと空けてくれた方が何とかしようがあったのになぁ。

この隙間からの雨が結構くせ者で、現在何らかの打開策を検討中。