我が家のフェンスは3種類

我が家のフェンスは3種類

フェンスの種類って、いっぱいある。

ホームセンターで売っているものもあれば、豪邸にしかマッチしなさそうなゴージャスなもの、オシャレなもの、、いろいろだ。

HPやカタログを見ているだけで楽しめる。

 

とは言え、結局は無難で安価なものを選ぶ人が多いのではないか。

街中のフェンスを見てそう思う次第である。

 

人々が無難なフェンスを選ぶのは何故か!?

ズバリその金額ではないかと思う。

 

 

唐突ではあるが、我が家のフェンスを紹介しよう。

①おなじみの縦格子タイプ

写真左側のシルバーのものが、我が家のフェンス。

黒いのはお隣さんのモノだ。

 

視界を遮ることもなければ、猫などの小動物の侵入を拒むこともできない。

言わば、境界を主張することだけが目的のフェンスだ。

このタイプは街中でお目にかかることが多い。

 

DIYするにしてもカンタンそう。。。

とも思ったが、このフェンスだけは施行を外構屋さんに依頼。

だって安いから (^_^;)

なんと工賃、諸経費入れても5,500円/m!

そう、この安さこそ、よく使われている理由なのである(決めつけ)。

YKKAP シンプレオフェンスT2型 本体 T60

Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

 

② 目隠しフェンス(木目調)

南側お隣さんとの境には、目隠しフェンスをDIYで設置している。

フェンスはYKK ap ルシアスシリーズのF02型。

完全に目線はシャットアウトされるが、風は少し通る構造となっている。
(目隠率100%、採光率0%、通風率2%)

このフェンスを選んだ理由、それは数多ある木目調のアルミフェンスのなかで、最も安かったから(自分調べ)。

YKKAP ルシアスフェンスF02型 T120

Amazon  楽天市場  Yahoo!

安さの秘密、それは、、、表面は木目調だけど、、、

 

裏面は木目調ではない(;・∀・)。。

無機質なステンカラーだ。これはこれで良いと思うが。

 

家側にフェンスの木目側がくるよう設置しているが、その逆も可能。

施主の性格が垣間見られる選択である(;^ω^)

4種類ある木目調パターンの中から、ショコラウォールナットを選んでいる。

 

フェンスの高さは120㎝を選択。

目隠し目的のフェンスなので、少なくとも目線の高さ以上ないと、その役目が果たせない。

ホントはもう少し高くしたいのだけど、、、

ブロック上に施工するフェンスタイプでは高さ120cmがMAX。

国内メーカーのフェンスの高さは60、80、100、120cmの4種がほとんどとなっている。

 

木目調のアルミフェンスのなかで、最も安いとは言え、部材価格だけで①の縦格子タイプ(施工費込)の3倍近くのお値段。

施工費を入れると、なかなか手が出にくい値段となること必至である。

コリャ採用するご家庭が少ないのも納得だ。

Amazon  楽天市場  Yahoo!

なお、フェンスのタイプとしては、

支柱間隔が決まっているもの(固定柱)

決まっていないもの(自由柱)とがある。

ネットで売られているものは、ほとんどが自由柱タイプ。

自由柱は↓このように、フェンスのどこでも支柱が付けられる構造となっている。

ただし、支柱間隔は自由でも「〇m以内」のような規定はあるので注意。

 

 

③ 半透明パネルフェンス

暗いのは嫌。でも外から見られるのはもっと嫌。そんな人向けのフェンス。

YKK ap ルシアスJ01型。

こちらもDIY施工。

 

フェンスから近い物は、ボヤっと輪郭は見えるが、離れると見えない。

光も透過するので圧迫感がない。ただし、風はまったく通らない。

(目隠率100%、採光率86%、通風率0%)

 

道路からの目隠しを目的に、②の木目調フェンスと同じく高さ120cmを施工。

部材価格は約20,000円/mで②の木目調フェンスの1.5倍。


Amazon
  楽天市場  Yahoo!

 

高いけど、光が通るので、すっきりした印象で閉塞感もなくて気に入ってます。

 

 

以上、我が家のフェンス紹介でした。

視界を遮るためのフェンスの場合、早く施工しないと生活に支障がある場合もあるため、

「選んでいる時間がない!」なんてことも多い。

でも、フェンスはエクステリアのなかでも印象が大きく左右される建材のひとつ。

是非じっくり選びたいものです。