テラスの5thルーム化~その1~エバーアートボードDIY

テラスの5thルーム化~その1~エバーアートボードDIY

5thルームの妄想の日々…

とうとう意を決して工事に着手することにした。

 

で、いきなりだが問題発生。

施工マニュアルがない!

タカショーの施工説明書等々を探しても、テラス(ホームヤードルーフ)の1面にボードを施工するパターンについての掲載がないのだ。

 

しゃーないので、同様のフェンスの施工方法を参考に作業する。

ふむふむ、テラスの支柱間距離が5,900mm、高さ2950mmだから、中間柱は恐らく2本で良いだろう。

まぁ、大事をとって3本+αを設置しておこう。

てな具合だ。

 

<作業1日目>

まず中間柱のアンカー設置のため、60㎝四方の穴を掘る。

軽い気持ちで開始。

掘った土は、セメントを練る「トロ舟」に土を入れて運ぼうと安易に考えていたのだが・・・

 

 

10分後にはコメリで一輪車(猫車)を物色していた。

そのまま続けていたら確実に腰やられるわ(;^ω^)

とりあえず幅の狭いタイプでノーパンクタイヤのモノを購入。

 

ちなみに、ネットで買うと高いです。

ホームセンターで購入するのがオススメ。


Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

で、再開。

10㎝程掘ると、明らかに土質が変わった。

たまにではあるがガラス片や陶器のかけらが出てくる。

盛土した土なのに、産廃が混ぜとんちゃうか!?(゚Д゚)ノ

が、後から気付いたが、恐らく更地にする前の遺物だと思われる。

クレームしなくてよかった(;^ω^)

 

 

この深さになると”つるはし”がないと掘れないくらい硬い。

こりゃ脂肪燃焼に良いわ。

 

あ、「つるはし」ってのは↓これ

その気になれば、コイツでモルタルも破壊できるよ。疲れるけど(^^;)

当然ながらデカい方が破壊力があるけど、穴掘り用途ならハンディータイプで十分。


Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

 

掘り起こした土はブルーシート上に仮置き。

こうすると、撤去する時に楽である。

 

 

ひたすらに掘る。

 

 

がむしゃらに掘る。

かなりしんどい。

世の中には、穴掘り大会というイベントがあるそうだ。

確かに大変な作業ではあるが、何かスポーティーな感じがしないでもない

 

ダイワハウスのブロック塀は地中でL字型になっている。

概ね70㎝程掘ったところで、その底に到達した。

 

 

こちらは掘り起こした土。

1穴でこの量。予想外に多いな。

 

 

中間柱

台風時の強風に耐えられるよう、太いもので、かつ、どうせボードの裏になって見えないので、安いもの、、、

ということで、三協アルミ製(70×70-1 4m)をネットで購入。

送料込みでこの値段なら、まぁ安いのではないか。

三協アルミ α-Pro KZH4M-70×70-1

Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

チップソー切断機を使って50cm程切断。

切断できる太さ限界ギリギリである。

てか、規格では切断できる太さをオーバーしてる気もする。

 

 

柱をテラスに固定する金具はこれ。

 

こちらも三協アルミ製。

1つ1,000円以上するだけあって、けっこうシッカリしている。

三協アルミ α-Pro KB-CJ-70B


Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

 

テラスの梁下カバーをマイナスドライバーを使って取り外す。

カバーを取り外すと、溝が現れるので、この溝に金具を固定するわけである。

 

 

使用するネジは、ドリルネジと呼ばれる先端がドリルになっているネジだ。

このネジは下穴を開ける手間を省ける素晴らしいネジである。

と、このようにネジネジ言うと、ネジ中毒!と妻が言うのであった。

ドリルねじステンレス M4X19

Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

梁下には、ちょうど中央に線が入っている。

この線が取り付け金具の線と重なり合うようにして固定。

 

で、このままだと70角の柱が梁下カバーの縁と干渉するため、柱部分の縁は削り取っている。

今から思えば、もうワンランク細い柱でも十分だったようにも思う。

 

設置した金具に柱を突っ込み、ドリルネジで固定。

 

で、梁下のカバーをゴムハンマーでたたいて、はめ直す。

ゴムハンマーは百均です(^^;)

 

 

次に、支柱を地面に固定する。

セメントと水、掘り起こした土を混ぜ、モルタルを作成。

支柱の穴に流し込む作業を延々と行う。

この混ぜ混ぜ作業、手作業では恐ろしく疲れるため、この日のために購入した撹拌機が出動。

Amazon  楽天市場  Yahoo!

 

本当はコンクリートミキサーが欲しかったのだが、場所を取るし、高いので撹拌機にしたのである。

撹拌機なら1万円強だ。

 

まずはバケツで混ぜ混ぜ。

 

す、すばらしい!

これぞマニュファクチュア!

人類の力だ!

一心不乱にトロ舟 で混ぜまくる。

あたりにはモルタルが飛び散りまくりである(笑)

 

 

撹拌機の先端はこのような形状になっており、繊細かと思いきや、多少の石はもろともしない強靭な作りである。

 

なんとか1本終わった時には、1日目が終了していた。。。

 

ちなみに、、、あたりに飛び散ったモルタルは、固まる前にふき取りましょう。

固まってからも取れるけど、けっこう大変デス(経験談)

 

【続きの記事へ】  【この話題の最初の記事へ】